地域循環型住宅 KIBOU

木に望みを…

私たちは、東日本大震災の応急仮設住宅を供給した実績をもとに、新しい「徳島すぎ」の住宅を提案していきます。
木を通して明日への「希望」を…

この提案では、徳島県内で育てられた木材を使用することはもちろんのこと、再生可能な木材資源を仮設住宅、そして復興住宅へと繰り返し利用します。一方で、緊急時に対応した住宅部材を供給するため、木材の生産・備蓄体制の構築など、新しい「地域循環型住宅」の仕組み作りを目指しています。

また、今回の取組によるノウハウを活かし、行政に対し「県産材を活用した仮設・復興住宅プラン」の提案を行うとともに、徳島の自然や地域性を活かした「滞在型観光住宅」 や「週末住宅」などの新たな住宅市場を開拓します。

さらに、私たちは、これらの取組を広くPR することで、環境保全や地域経済の視点から「住宅と森林の関係」、あるいは「木材と産業との関係」を見直し、地域循環型社会の構築へ向けた取組を提案していきたいと考えています。

自然と命をつなぐ「徳島すぎ」の家
パンフレットダウンロード パンフレット
ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
アドビ・システムズ社のサイトより無料でダウンロードできます。