コンセプトは、Green&Space

役目を終えた木造仮設住宅を廃棄処分するのではなく、使用されていた木材等に私たちが持つ技術をプラスして再生させたのがG&S復興住宅です。Green&Spaceをコンセプトに、環境保護とゆとりある住空間を熟考した再生住宅は無限の可能性を秘めています。

家づくりのエキスパート集団の力で…。

生まれのわかる「徳島すぎ」を使用しながら、生産から住宅施工まで一貫したシステムだからこそ実現する高品質で低価格な住宅。もちろん家づくりのエキスパート集団がスクラムを組んでいるので、どんなリクエストにも柔軟に対応できます。

1+1=3以上のスペースを確保。

1戸当たりの床面積が約30㎡の仮設住宅を2戸組み合わせることで、1戸分が約100㎡とゆとりのある空間を確保。仮設住宅=「狭い」というイメージを智恵と工夫で塗り替えました。

平面図
▲ページの先頭へ
KIBOUトップへ戻る