杉の良さを100%活かした造り。

先人から受け継いだ大工さんの技術は、「つくる技術」とともに 「再利用する技術」も合わせ持ちます。TSウッドハウスは、 釘や金物を最小限に使用し、長ほぞ込栓、貫構法といった昔ながらの技で、素材の持つ香りや色艶を大切に、天然乾燥した杉のやさし さ、あたたかさを体感できる癒しの空間を提供します。

地域の技術を継承する。

地域の材料と地域の技術でつくる家づくりは、地域経済を維持するとともに、日常の暮らしやすさや被災時の大きな安心につながります。 普段使う工具でつくるからこそ、被災時にも役立つのです。

住む人と周辺環境にやさしい。

内部は、大工さんが組んだ柱や梁があらわされ、壁や床、天井にも徳島すぎがふんだんに使われています。調湿性や蓄熱性に優れた すぎ材に包まれた空間は、住む人にやさしく、室内に入る柔らかな光や通る風が、木の家の暮らしを豊かなものにしてくれます。

平面図
▲ページの先頭へ
KIBOUトップへ戻る