新着情報・すぎぼうブログの記事


徳島すぎ木づかい体験教室

10月22日、23日の二日間
とくしま木づかいフェアが開催されました。

ジャンボパラソルの入口付近にテントを設置し
徳島すぎ木づかい体験教室を行いました。

天気も良く、外でいると汗ばむ程の気候でした。

体験教室の前に、環境についての紙芝居を
聞いて頂きました。
日差しが強かったため、帽子をかぶったままで失礼しました。

今回は、マルチスタンドを作製しました。
材料の確認や作製手順の説明をしています。

難しい部分は、スタッフがお手伝いしました。

ビスで材料を固定しています。

組立た後は、やすりで角やザラザラした部分を削りました。

好きな模様や、絵を描いて仕上げます。

綺麗な模様をたくさん描いてくれて、ありがとうございます。
(保護者の方にご了承を頂きました。)

部屋に置いて頂けると嬉しいです。

ご参加頂いた皆様、新型コロナウイルス感染症対策に
ご協力頂きありがとうございました!

次回の開催は、2023年1月を予定しています。

 

2022 徳島すぎ 伐採ツアー

令和4年12月4日(日)
那賀町木沢で伐採ツアーを行います。
ツアー参加者を募集しています。


ご参加お待ちしております。

とくしま 木づかいフェアの設営で・・・

10月22日(土)、23日(日)に開催される
とくしま 木づかいフェア 設営のお手伝いをしてきました。

会場に運び込まれた アングルベンチ をよく見てみると・・・
東京2020 オリンピック・パラリンピックのマークが
刻印されていました。

東京2020 オリンピック・パラリンピックの
《選手村ビレッジプラザ》で使用されていた
徳島すぎで作製さたアングルベンチです。

徳島に帰っていた徳島すぎを
レガシー材と呼んでいました。

今回のイベント会場には、2基が設置されています。

5個で一つの輪になるように、角度を36度に。
36とは、徳島県の都道府県番号でもあります。

こちらも同じように、レガシー材が使用されています。
机の脚に、徳島県の刻印があります。
全体を写してみると・・・

わかりますか?
AWA(あわ)と読める文字になるようにつくられています。

とくしま 木づかいフェアは、10月22日(土)、23日(日)に開催されます。
会場は、あすたむらんど徳島  ジャンボパラソル内です。

是非、お越しください。
レガシー材を体感頂けると思います。

徳島県木の家づくり協会は、徳島すぎ木づかい体験教室を
開催いたします。


お問い合わせはこちらから
TOP